MoonStone

主に身代わり伯爵シリーズと少女マンガのらくがきブログです。ゆるく運営してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【身代わり伯爵の花嫁修業Ⅱ 嵐を呼ぶ花嫁合宿】感想

今さら感ありありの花嫁合宿感想。
大遅刻なのであらすじも追わずに思ったことをずらずら~っと書き殴ります。

ところでそろそろ帯に、「アニメ化決定!」って文字が来るんじゃないかと8割くらい本気で信じてました。
だってさ~本当にそろそろさぁ~……


というわけで今回も最高に楽しかった「花嫁修業」第2弾!

いちゃラブもコメディも本当に最高だったよーーー!!!!本気で全世界の小説の中で今一番好きです!!!!


ミレーユの恋する乙女度がどんどん上がっててめちゃくちゃ可愛いし、殿下のデレっぷりももうあれ萌えどころか笑いのレベルにまで達している…!(笑)

今回、殿下の独占欲とヘタレっプリと野獣っぷりが半端なくレベルアップしていると思いました。



表紙は若者組。いや本当なんでテオが表紙に……(笑)


キリルの師匠との思いでのプロローグと、リヒャミレの爽やかな朝の風景からスタート。

リヒャルトが泊まった翌朝は一緒に朝ご飯を食べてるのかな~と妄想していたので、夢が叶って初っ端からニヤニヤしてしまった。挿絵も可愛いvv
朝一番からいちゃいちゃするんだなこの2人は(笑)会話がごく自然に甘くなるvv

リヒャルトを見るのがミレーユの趣味なら、その2人を見るのが読者の趣味です。

華麗に朝帰りの兄。シアランでも着々と白薔薇乙女を増やしているようです。ジークとの趣向の違いには納得(笑)

今回も活躍している「新婚虎の巻」これでいちゃいちゃ禁止令がなかったらいってらっしゃいのチューなのにねぇ…不憫なリヒャルト。

意外とアルテマリス編からひっぱっているリヒャルトの酔っ払いネタ。今後酔ったリヒャルトが出てくるのでしょうか。側近や友人が揃って口をつぐむ詩人ぷりをぜひとも読みたいんですが。絶対今後書いてくれると信じてますvv
後でリヒャルトは「酔った感じがわからない」と言っているので、つまり酔うと記憶もなくすってことですよね。とても愉快な本性が現れそうで楽しみですvv

ロジオンに嫉妬する殿下とか、大勢の前で「俺の可愛い奥さん」なんて呼んで髪なでなでする殿下とか、嫉妬と禁断症状のあまり暴走する殿下とか、仲直りで寝室に嫁を連れ込む殿下とか、
ええぇい誰か塩もってこーーーーーーっいいぃぃ!!!!な今回もまた盛りだくさんないちゃラブにもう大満足でした。

今回も好きなシーンはたくさんありますが、交流会の夜の庭にリヒャルトがお忍びでやってきて、バルコニーから飛び降りたミレーユを抱きとめるシーンが一番のお気に入りです。ラストの寝室でのいちゃいちゃも好きなんですけど、ストレートなシーンよりもこういう何気ないシーンの方が好きなんですよね何故か(笑)

こっからの翌朝の喧嘩まで続く一連のシーンが萌えもあり笑いもありで好きですねーvv
迫ってくる旦那に頭突きかますヒロインとかもうミレーユしかいないよvvv

浮気(?)現場を目撃され平手打ちをくらい思わず壁に手をつく殿下が…!なんか今までで一番のヘタレシーンでなかろうかと爆笑!よくぞここを挿絵にしてくれたとねぎし先生に拍手を贈りましたよ。超面白かった!

ミレーユも恋を自覚してから「リヒャルト大好き!」って気持ちとかやきもちとかが素直に表現されてとっても可愛いです。

あぁそういえば、「ミレーユ人面犬と初対面」のシーンも爆笑ものでした。主にパパに(笑)「いやーー痴漢ーー!」って乙女かいvv

交流会が反大公派に占拠された時のミレーユの立ち居振る舞いが凛々しくて強くて、本当ミレーユでよかったなー。
大公妃としての自覚とかがきちんと芽生えてます。ミレーユの啖呵は「誓約」の時のといい、本当きもちいい。
「殿下の嫁はわたしの嫁でもあるのよ!」ってミレーユかっこいぃぃーーーー!!!

もしも私がこの交流会に参加してた「その他の令嬢C」くらいだったら即、「妃殿下ーーー!!わたし一生ついていきますわーーーー!!!」な状態になったに違いない。

そしてリヒャルトの前では緊張の糸がとけて抱きついてしまう可愛い可愛い女の子なミレーユにもう俺メロメロです。

なんていうかレルシンスカ嬢の気持ちがわかります。今までアンジェリカのポジションが一番美味しいと思っていたけど、レルシンスカ嬢ポジもかなり美味しいということが今回わかりました。

あ、レルシンスカ嬢、予想を斜め上に裏切るぶっとび令嬢で驚きました。普通に悪役恋敵キャラかと思っていたら…清家先生、今回もしてやられました。身代わりって王道ストーリーの王道キャラと見せかけて、みなさんそれぞれ個性豊かに王道を斜め上につっ走っていて、本当に素晴らしいです。


そして今回の主役はキリルでした。もう少しひっぱると思っていたキリルの謎が今回で判明したわけですが、やっぱりミレーユを男だと思っていたのか!!

そういう予想があちこちで出つつ「いやさすがにそれはないだろう。そこまでキリルお馬鹿キャラじゃないと思う」と思っていたのですが……

愛すべきお馬鹿可愛い不憫な子でした!!!(爆笑)

王子様の格好で告白しに行くとか、なんて純粋乙女な子なの!
フレッドにさえ「あ、彼ヤバいな」と思わせるなんて相当だよ!(笑)

前回までは謎な美少年だったキリルが今回で一気に不憫萌えキャラ暴走乙女系へと昇格しました。

ロイに吹き込まれ、たまたまフレッドに遭遇したとはいえ…あれでミレーユを男と信じこんでしまうのもどうかとvv
まぁ一度もミレーユとフレッドを間違えたことのないリヒャルトが最初から勝者でしたって話ですね。

でもリヒャルトとミレーユと師匠が大好きっていうキリルの想いは泣けました。リヒャルトとミレーユの結婚式で演奏するキリルを読んだらきっと泣くな。

しかしちょいちょい出張るロイさんです(笑)典型的な好きな女の子に素直になれない男の子。ロイも子どもですがミレーユがさらに子どもだったせいで彼の気持ちは1ミクロンも伝わらなかった、ある意味身代わり世界で一番かわいそうな子(笑)
ミレーユが里帰りしたときのロイの反応が楽しみすぎて今から困る。


ごたごたが収まって寝室での2人のいちゃいちゃシーンはもう「ごちそうさま!」の一言で。

「あたしとも駆け落ちして」ってわがままいうミレーユが最高に可愛くて色っぽかったです。ドキッとしてしまいました。もうそんなこと言われたらどこへだって連れてっちゃうよ!

今回はところどころで殿下の衝撃的だったりエロさ垣間見える発言が多くて悶えました(笑)
まぁ殿下ったら真顔でそんなこと言っちゃって!初心なミレーユを開発するのを密かに楽しみにしている気がす…
てか過去度々寝台に忍び込まれってちょっと聞き捨てならんのですがそこんとこkwsk!


最後に出てきた青年は誰だろうなー。脱獄犯って結局だれ?
リヒャルトの従兄弟 フィデリオ卿 次回の活躍を超楽しみにしてる。

今回も最高におもしろく、続きが気になる展開でおわりました。次は来年かな?
また待ちきれなくてもだもだする日々が続きますvvv


しかし見事に真面目な箇所を端折った感想でした。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/18(月) 00:22:39|
  2. 身代わり感想
  3. | コメント:4
<<拍手返信 | ホーム | じゃじゃーん>>

コメント

No title

瑞花さん、こんばんは(^ ^)
遅ればせながらご挨拶に~と思ったら、修行?の感想楽しませてもらいました。新刊は最初から最後までものすごく楽しめますよね♪
イラストも今までになく「いい感じ」なところばっかりで、ページ捲る度
かなりドキドキしましたよ。
それからイベントでいただいた瑞花さんの4コマ本、笑わせていただきました。ツボをついてて笑えるのに、それでも女の子仕様のミレーユがめちゃ可愛かったです。
本当はスペースで読みたかったのですが、さすがに隣ではマズイだろうと我慢したんですが・・・読んで感想聞いてもらえば良かったと後悔しましたよ~
今度また身代わり話ゆっくりしたいですね。イベントは何だかんだとダラダラしっぱなしだったので(笑)
次回、お会いできるときにはスケッチブック持参でお伺いしますので
よろしくお願いします。
それでは、またお邪魔させていただきますね。
  1. 2010/10/19(火) 21:15:42 |
  2. URL |
  3. 桜井紗菜 #frUh5rcM
  4. [ 編集 ]

返信

こんばんは!
こちらこそお隣さんでお世話になりました!!合宿は挿絵もツーショットが多くて笑いあり萌えもありでよかったですねーvv「よくぞここを!」ってとこを挿絵にしてくれたのが多くて楽しめました♪

4コマ本の感想ありがとうございますvvや、家で読んでくださって助かりましたよ(笑)
もっと描きこめればよかったんですけどね~。4コマは好きなのでまた描きたいです。原作があれだけラブラブじゃあ私にできることなんてギャグを描くことしか…っ でも原作のギャグもレベル高いですけど!(笑)

まだまだ身代わり愛は収まりませんので、またイベントでお会いできそうですねvv
これからもよろしくお願いしますvv

  1. 2010/10/20(水) 23:39:54 |
  2. URL |
  3. 川瀬瑞花 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/10/23(土) 21:12:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

返信

雛姫さま。いつもありがとうございますvv

新刊を出るごとにどんどん絆といちゃラブが深まっていく2人に、私もどんどん幸せになっていきますv-238
シーカさんがミレーユをどんどん崇拝していってミレーユと仲良くなり、リヒャルトと恋敵関係みたいになったりしたら面白そうだなっと思いました♪

イベントはまだ今月の出来事のはずなんですけど、なんだか遠い昔のことのようです(笑)また納得のいく本が作れず、いつかリベンジしたいと思ってます。

「皆さん」……え、ど、どなたのことでしょうか!?(汗)
スパーク本はただいまブログで順次公開しています。少しでも雛姫さんにお楽しみいただれば嬉しいです。
本も在庫は残っているんですが、通販は今のところ考えておりません。ごめんなさいv-356
次のイベントにでも持っていこうかとも思いますが、次回参加イベントも未定なうえ、表紙に思いっきり「2010.10.10 SPARK」って書いてるのでどうしようかと…ほんと、グダグダなサークルですみません。

また新しい本を作りたい野望はあるので、その時はお手に取ってくれたら嬉しいです♪ありがとうございましたvv




  1. 2010/10/30(土) 17:09:31 |
  2. URL |
  3. 川瀬瑞花 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。