MoonStone

主に身代わり伯爵シリーズと少女マンガのらくがきブログです。ゆるく運営してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

全サ【身代わり伯爵と王宮の目安箱 男子限定「身代わり」トーク】

mgwrcd2.jpg


発送延期のハガキが来てから何のアナウンスもなく、半分忘れかけてた全サCDが届きましたー。

色々ツッコミどころはありますが、ゴロゴロした!超ゴロゴロした!
遠藤ミレーユ超かわゆい~~~!!リヒャルト…!なんて恥ずかしい男なんだ…!(バンバン!)


ネタバレ配慮一切なしの感想ですので、未聴の方はご注意を。











問.次の文章にはおかしな箇所があります。抜き出して訂正しなさい。

mgwrcd.jpg

答.多すぎて最早ツッコミ不可能。


・「身代わり伯爵0巻応募者全員」って…この全サは「誓約」とコミック2巻の連動全サだったはず。
・0巻は「花嫁修業1」の全サ特典ですが。
・「メサイアドラマCD」……って…何? 私が知らないだけでツノカワ全サでは常識の単語なの?だれかおしえて。
・つーか小冊子入ってない。

これらの事項から導き出される結論.ツノカワしっかりしろ


なんかCD聞く前から肩の力が抜けました。聞いたあとは別の意味で腰が砕けますが。
ちなみに送付状の左上がちぎれているのはあれです、封筒を大雑把に破いて開封したため、一緒にちぎれました。私の性格をおおいに物語るエピソードである。

企画変更はあったようですが、CDはとってもおもしろかったですよ!


ラジオCDってなんだろう?リヒャルトとヴィルの2人がパーソナリティになって読者のリクエストを読むの?っと思っていましたが。
内容は、フレッドに騙されて呼び出されたリヒャルトとヴィルフリートが、王宮目安箱に投書された王宮や町の人々の要望を確認し、要検討分と却下分に仕分けしていく…というストーリー仕立て。


リディエンヌやジーク、白百合騎士団、カイン、セシリアの詩にパパの娘溺愛に関する悩み、あとロイまで!(笑)
うん、ほんと…身のある投書ないね。

リヒャルトとヴィルが以外に仲良しなのにちょっと驚きました。そーいえば本編でもフレッドやミレーユとはよく話すけど、この2人がじっくりと話す場面ってそんなになかったかも。

ヴィル…リヒャルトに恋愛相談みたいなことしたり…(笑)あれ、恋敵なのにと思ったけど、最後まで聞くとこのCDの時系列が花嫁修業時の時だとわかってちょっと納得。ヴィルふっきれてるのね。

となるとこの舞台はどこなの。アルテマリスっぽいんだけど、本編番外っていうより、ちょっとパラレルっぽい位置付けなのかなー。

リヒャルトさんのミレーユへの愛と独占欲が熱い。情熱的すぎる。ゆうきゃんの声でミレーユへの愛を語ってくれてありがとう!!

手紙の内容が(リヒャルト的にはただの手紙ですが、もう情熱的な恋文としか思えない)…なんと艶っぽい!!
うおぉぉ~い、乙女向け小説の全サはここまでオッケーですかい!だんだん身代わりも色っぽくなってきたなぁ…

というかリヒャルトの詩のネタがここでも出てくるのはもう本編への伏線としか思えない(笑)
きっと次の新刊で酔ったリヒャルトの詩人ぷりが読めると超期待します。

直球もいいけど、独占欲むきだしの台詞も好きなんだ♪
ミレーユの後宮入りへの要望を即却下したり、ロイの切実な叫びの投書に「彼女は俺のものです。絶対誰にも渡さない」と宣言したあとさわやかに「次の投書にいきましょう」とスルーするあたり萌えましたvv

最後はミレーユの投書をリヒャルトがこっそり確認。
フレッドに恋愛相談の目安箱だと騙されたミレーユは事細かにリヒャルトとのことを書き綴って投書(笑)

ていうか!ここはミレーユの声なのですが、超かわぇぇ~~~!!!恋人リヒャルトのことを語るミレーユがかわゆい!文章の端々からリヒャルト大好き!が伝わってくる遠藤ミレーユ超かわゆい!
そして相談しながらどんどん斜め上に話が脱線していくのが相変わらずのミレーユらしさで超おもしろい!

さわり魔殿下について相談されてる…!(笑)ていうかもうこれ相談じゃなくてのろけだよね。
「さわるならあたしだけにしてもらわないと!」ってそれ殿下に言ったら(言ってるけど)大変なことになるよ。
ほらもう最後のリヒャルトの台詞が爽やかエロスでもう大変だよ。ミレーユは殿下にじっくり開発されればいいと思うよ♪

直接2人が会話してるわけじゃないけど、リヒャミレ恋人設定で初音声化なのですっごく萌えました!!これは清家さんの原案なのかなー。ミレーユの斜め上っぷり思考とかリヒャルトのミレーユ溺愛詩人ぷりとかが「さすが!」って思ったんですけど。
でもこれ応募時の説明では遠藤さんは清家さん書き下ろしの短編を朗読予定だったはず…ここら辺が変更になったのも製作が延期になったのと関係がありそうですね。

うん、でも改めてリヒャミレの声は中村さんと遠藤さんしかいないっと思いました♪次の音声化も期待!


mgwr3.jpg

mgwr4.jpg

やっぱり小冊子はどこにもない。








スポンサーサイト
  1. 2010/10/31(日) 00:13:57|
  2. 身代わり感想
  3. | コメント:2
<<素敵な企画です♪ | ホーム | 身代わり4コマ②>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/10/31(日) 00:36:41 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

返信

>>羽弥さま

お久しぶりです~♪
いつもありがとうございますvv
羽弥さまもCD聞かれたのですね。もうあの添え状は暗号解読の域ですね…
小冊子も、最初は清家先生の書き下ろし掌編が音声化予定だったから、その名残かなぁとも思いますが…。贈る前に普通チェックとかしない?と思いました。

「原作不足にあえぐ子羊への救世主」
なるほど!上手いこといいますね(笑)
たしかにリヒャルトとミレーユの惚気セリフはとても満たされました~vv
ゆうきゃんの声で聞かされる殿下の天然愛の告白がこんなに攻撃力のあるものとは…!「花嫁修業編」がCD化した日には私、生きていられません。

4コマの感想ありがとうございます。
リヒャミレは目が合った瞬間、周りの空気がバラ色になると思います(笑)
次の更新もよろしければご覧になってくださいね^^
コメントありがとうございました~♪


  1. 2010/11/04(木) 23:15:52 |
  2. URL |
  3. 川瀬瑞花 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。