MoonStone

主に身代わり伯爵シリーズと少女マンガのらくがきブログです。ゆるく運営してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【コミックス身代わり伯爵の冒険5巻】感想

身代わり伯爵の冒険 第5巻 (あすかコミックスDX)身代わり伯爵の冒険 第5巻 (あすかコミックスDX)
(2011/08/24)
柴田 五十鈴

商品詳細を見る



実はちゃんと2日前フラゲしてました。

アルテマリス双子とシアラン兄妹ですね~うわ~い^^♪
原作ではなかなかカラーで揃わない4人なので嬉しいです。

そして帯が(笑)巻を重ねるごとにレベルアップしてるよ担当さん…!
背後にびっしり埋まったリヒャルトのモノローグは現在進行中の原作にもそのまま通用しますね^^






『挑戦』の前半ですね。
この巻からミレーユの女装姿が増えるので、ぜひとも柴田先生に漫画化して頂きたかったのですごく嬉しいです♪
いや、男装のミレーユももちろん可愛いんですけどね、やっぱいちゃラブは女の子姿の方が萌えるんですよ~。

やっぱりミレーユのドレス姿かわいいです!
口絵の顔あからめる若がかわいい(リヒャルトにかわいいって形容詞初めて使った)
これがシアラン編以降だったら『俺以外の人に足なんて見せないでください!』ってすぐに木から抱え下ろすんだろうな♪


●プロローグ~19話

フレッド追いだした後のセシリアの表情が可愛いですvv
なんかさっきから「かわいい」しか言ってないな私。だって柴田先生の描かれる身代わりキャラみんな可愛いんだもん。
ロイとの跡取り対決がちょうど原作新刊とリンクしててさらに楽しめました!ロイの不憫さ3割増し。
リヒャルトが姫だっこで(予約済み)ミレーユを連れ去っていくのはぜひ挿絵で見たかったところなので漫画で読めて嬉しいですー。
セシリアの乙女日記とかそれを見られたセシリアの憤怒の形相とかもう素晴らしい。
特に乙女日記は絵になることで活字よりさらにセシリアの乙女度が強調されますね。こんなにキラキラな世界観だったんだ乙女日記って(笑)
ていうかいつも持ち歩いてるの?フレッドに遭遇したらすかさず日記にしたためるため?

●20話

この扉絵はASUKAで読んだときに妄想大爆発でした。
籠の鳥なミレーユ、さらに手首と首に拘束ってどんだけ殿下の理想…!柴田先生のセンスすてき!
囚われの身のミレーユにイケナイ妄想が炸裂しましたよ。なんかちょっと黒い殿下が降臨なさったよ!

そんなわけで描いてみた。

殿下の願望というか妄想というか

うん、残念すぎてごめんなさい\(^o^)/


偽マルリーシャは美人だけど高飛車って性格が見事に表現されたますね。
ミレーユの女官コスプレが可愛いな♪

セシリアに「せいぜい過労死しないように気をつけることね!」って言われた後のコマのリヒャルトが好きです。小さいけど、兄の表情だなって思います。

●21話

鼻血ヴィルと寝ぼけリヒャルトに抱き枕にされるミレーユが2大見どころかと!!
赤面ヴィルが女の子よりかわいんですが。

仮眠室のシーンは原作でもニヨニヨどきどきしたけど、漫画で見るとさらに色っぽさが増しますね!
その角度はリヒャルトがミレーユの首筋にキスしているように見えて大変萌える。
寝顔のリヒャルトがすっごく大人っぽくてカッコいいです。

私、原作を読んだ後の感想第一は「ミレーユが可愛い可愛い可愛い!vv」なんですが、コミックス版を読むと『リヒャルトカッコいいvv』が先に立ちます。
それは柴田先生の描かれるリヒャルトが安定のイケメンだから!リヒャルトがかっこいいことはわかってるんですけど、ねぎし先生のリヒャルトはたまに顔が安定しないので…(小声)
柴田先生のリヒャルトはまさに「大人っぽい美青年」ってかんじですごく好きなのです^^


●22話

この扉絵好きーーーーーー!!!
私の大好物のマントリヒャルトvv

偽マルリーシャの谷間を完全スルーのリヒャルトが素敵です。
ミレーユやセシリアに接する時とは完全に違う完全お仕事モード。外面はいいけど全く対象に興味がないという顔ですね。こうやって過去女性たちをふってきたのか。
『海のしずく』が想像以上に綺麗で豪華でした!
いまだに原作でもシアランの三大秘宝は絵で出てきてないですものね。『月の涙』をミレーユに渡すシーンが今から楽しみですvv
「裏身代わり伯爵」に噴きました。そういえばアンはこの時期どこにいたんでしょうかね。シアランで内偵してたと思うけど、実はアルテマリスでもこっそり観察日記をつけてたとか…!?

ヒースがイケメンすぎました。柴田先生の描くイケメンは大変好みです。


●23話

コミックスフラゲしたので、雑誌発売より前に雑誌掲載分をコミックで読むという不思議な体験でした。

前回マルリーシャの前では儀礼的に微笑んでるだけだったリヒャルトさんが、動揺したり怒ったりへこんだりと百面相を繰り広げてるさまがとても楽しいです。
リヒャルトの色んな表情を引き出すのはミレーユだけなんだなっと思うともうこのカップルが好きすぎて愛しすぎて吐き気します。

寝起きにミレーユに何かしでかしたんじゃないかと青くなるリヒャルトさんに質問なんですが、「何をした」と自分で想像してるの?ねぇ「何をした」と思ってそんな動揺してるの?ねぇねぇねぇねぇ。 ←

『白薔薇の王子様』のエピソードが描かれていてもう幸せ!馬のシーンは確かにもだえますよね先生!
しかもフレッドの『得もいわれぬ嬉しげな顔』を絵で見ることができるとは思わなかったので嬉しいです~vv
そうかこういう顔だったんだ…(じんわり


●妄想劇場(サーセン、番外編は割愛で…)

夏なのでリヒャルトの誕生日ネタ!原作でも次で殿下の誕生日ネタを期待しています!!
誕生日パーティだから未鈴はドレスアップしてるのかな?すごく可愛いですよねvv
柴田先生おしゃれだから服のセンスもいいんですね♪

えーと、まみみ様も言ってた気がしますが。髪をさわる理人さんの手つきがやけにエロいと思うのは私だけですか。
髪を触る行為っていうのは相手との親愛関係高くないとできない、実はキスよりも高度な技?だと聞いたことがあるんですけどいかがですか(誰に聞いてる
少なくとも女性は好きな人に髪を撫でられるのは気持ちのいいものですけどね。

今ググってきたら女性は髪も性●帯の一部みたいなもんだって書いてあったさ…理人ーーーー!!


あーやっぱり『意外』は誤植だったんですね。すっきりしました。


柴田先生は本当に原作のよいところを上手くまとめて素晴らしい漫画にしてくださるので大好きです!!
『挑戦』で終わりだなんて本当にもったいないです。ここからラブ度も高くなるし物語の核も動き出すのに…

なにより『決闘』冒頭の「趣向を変えた朝の挨拶」を柴田先生の絵で見たいよーーーー!!!
膝抱っこリヒャミレ…!そんな萌えシーンを漫画にしない手あるか……orz





スポンサーサイト
  1. 2011/09/04(日) 17:20:42|
  2. 身代わり感想
  3. | コメント:0
<<コメント返信 | ホーム | 【身代わり伯爵の婚前旅行Ⅰすれ違いの蜜月】感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。