MoonStone

主に身代わり伯爵シリーズと少女マンガのらくがきブログです。ゆるく運営してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【身代わり伯爵の誓約】感想

一昨日から萌えすぎて心臓壊れるかと思った。まだ全然落ち着いてないけどネタバレ感想行きます!

ちなみにテンション高すぎて日本語ぶっこわれてるけど気にしない!


1月30日

前日本屋の早売りに賭け6連敗した私は、「今日も置いてなかったどうしよう…」と若干ネガティブになりつつ地元のチロルチョコ配布店の大手チェーン書店に向かう。その前に別の本屋に寄ったけどそこには置いてなかった。

本屋につく。

が、「置いてなかったら立ち直れない」という変なネガティブ思考に取りつかれ、なかなか地下のコミックコーナーに足が向かない。とりあえず無駄に浅/田/真/央ちゃんの特集本とか立ち読みしてみる(ばんくーば楽しみすぎる)

意を決して地下へ。昨日と何ら変わらない壁の風景に不安を覚えながら(ポスターとか貼ってあるかと思った)、奥の新刊ラノベコーナーにたどり着いた私の目に飛び込んできたのは、昨日はなかった山と積まれた「身代わり伯爵の誓約」が!!!


キタァァァァァアアアアアアアアアア!!!!!!!!


叫びそうになるの必死で抑えた!本気で!

0.2秒で引っ掴み、他に買うものないかどうかぐるっと1周してレジへ直行。この間20秒。

早く!早くレジを済ませてくれ!カバー何色とか別にいいから!あ、でもピンクにして下さいシアラン編完結なんで。内容たぶんラブラブピンクなんで。
ちなみにチロルチョコはリヒャルトだった!

家路に着く私のスピード、超・競歩

ちなみにここまで書いた時点でさっき全部消えた。しかも2回も。

この時点で感極まってすでに涙目とかおかしい私。

家ついて手洗って、自室のベッドの上で超!本気モード読書開始。

その間の私の状態は前回の記事による。



私もともと読むの遅いんですが、「誓約」は4時間くらいかかりました。途中しおり挟んでトイレとか行くじゃないですか。そしたら「え!まだ3分の1!?」「え!?まだ半分あるの!?」って何度驚いたことか。物理的な分厚さももちろん、内容が濃くて濃くて、クライマックスだけあってパワーとか情報量とか愛とかいろんな物がページからビシバシと飛び込んでくる感じでした。読んでてずっと動悸息切れが激しかったです。

では内容感想は追記から行きます。お分かりと思いますが、壊れてます。








普段は買ったら最初にパラパラと挿絵を見てしまうのですが、今回だけは一切のネタバレを拒否して、挿絵も見ないようにして、1ページずつ慎重に順番に読んで行きました。ミレーユとリヒャルトの最初の恋の決着を、先入観や他の人の感想などに左右されず、自分の目で最初に確かめたいと思った。


前回ミレーユがオズワルドによって、記憶を消された直後からのスタートです。
全部記憶消されたはずなのにオズワルドについてこい言われて「いや」って拒否した!「いや」って!ミレーユの本能というか精神力のすごさ、すさまじい。
てかミレーユにさわるオズがいちいち変態くさかった。頬とかなでんじゃねぇぇえええ!!!!
ウォルター伯爵とオズの腹の探り合いというか、裏の裏の裏読みあってるとことか、リヒャルトのこと知らないふりする伯爵とか、こいつら全然協力関係じゃなかったんだな。ここら辺は既刊読み返してちゃんと理解してこないといけない。


前回ショックの嵐が吹きぬけた第5師団登場キターーーーーー!!!!
ちょっ!前回のポーズのまままだ落ち込んでる!ラウール先輩心弱すぎる!とりあえずアレックスはみんなよりは常識人。テオに冷ややかな突っ込みいれるとこがいい。テオが馬鹿すぎる。悟り開いた団長とか本当に第5師団の人たち反応がそれぞれで面白いです。濃いねこの人たち今さらだけど。そんな中ひとり沈着冷静なイゼルスが素敵です。

そして最初の挿絵はキラキラウィンクでおねだりするフレッドと呆気に取られる第5師団の面々。

ミレーユよりフレッドの方が女子的色気がある……確かに(笑)ぶっちゃけ今までの挿絵もミレーユより女装したフレッドの方が可愛いとかそんな残念な結果になってると思う(笑)いつでもどこでもフレッドなフレッドが好きです。

そして出立前のルドヴィックとの会話でフレッドが全読者の気持ちを代弁してくださいました!!!

「ミレーユが妙に分別とか気品を持ってお淑やかになっちゃったら、これほどつまらないことはないよ?そいうのはリヒャルトが持ってるからこそいいんだ。リヒャルトのそういう部分にときめきつつも逆に付き壊していく、そんなミレーユを愛でると同時に、あの子に和んでるリヒャルトのことも愛でる!これが正しい楽しみ方だ。」


よくぞ言ってくれたーーーーーー!!!!!そうです!互いに足りないところを補い合う2人を愛でてるんです我々は!ものすごく楽しいんです!あまりに的確なセリフに思わず鳥肌がたったよ。ありがとうフレッド!


ミレーユの記憶喪失がどの程度なのか、色々考えてたんですが、自我をなくして本当のお人形状態になっちゃうのかなーと思ってたのですが、きちんと自我はあるみたいです。記憶はなくても「ミレーユ」として行動してる。


リヒャルトはまだ出てこないのか。と思ったらもう宮殿に潜入してた。きっと一睡もしてないよね。
相変わらずキラキラなフレッドだよ。薔薇伯爵ってなんだよもうウケルヨ!彼が取り乱すところって見てみたい気もするけど、そうするとフレッドじゃなくなるよね。

ぎゃーーーミレーユが花嫁衣装着てとうとう塔に籠っちゃったよ!でもやっぱり操り人形じゃなくてかなり疑問持ってる様子。言っちゃなんだけど術弱いよね。

ってやばい人ウォルター伯爵きた!この人やばすぎる!本当にサラが生き返らそうとしてる!部屋に駆け込んできたリヒャルトととの会話でさらにヤバさMAX!こういうの病ンデレっていうんだっけ。使い方あってる?デレの対象=王太子。てか激昂するリヒャルトにときめいた(笑)伯爵の気持ちとか心理は馬鹿な私にはちょっとよくわからないのです。ここら辺はまた既刊読みなおして勉強し直してくる!とりあえずやばいひと!!そして結構あっさりミレーユの居場所教えてあげるんだね。まぁミレーユはもう抜け殻になってると思いこんでるから…でも予想の斜め上を行くのがミレーユなんだな(笑)

でキターーーキターーーーー!!!リヒャミレ再会キターーーーーーーー!これを!これを!告白発売読了から3カ月待ってたんだ!結婚式の最中にリヒャルトが飛び込んでくるお約束展開かなーっとちょっと予想してたけど、この後の逃走劇がめちゃくちゃ緊迫感あって燃え萌えだったからこっちの方がよかった!
え、まさかミレーユがリヒャルト刺しちゃうの!?ってオズに短剣渡されたとき思っちゃったけど、ミレーユは乙女の本能に従いました!記憶を失くしても恋人を覚えている!

うぉぉおおおおおお!ここからのリヒャルトの愛の告白攻撃がすさまじい!萌えポインツがありすぎて数えきれないくらいです!ミレーユがオズを「旦那さま」呼びしたことにちょいキレてるリヒャルトにまず萌えたよ!物置の扉力づくで壊すとこも好きvv前回ぶつっっとキレてふっきれたからかもう攻め攻めです。
意外とあっさりとミレーユの記憶が戻ったなぁと思いましたが、リヒャルトの愛の力と恋する乙女のパワーってことでおーるおっけい問題ない。
いきなりキスブチかましたり、他の男のための花嫁衣装に嫉妬して脱がそうとする押せ押せな若に萌えテンションどこまで上がんのか恐ろしかったです。絶対ドレスに嫉妬すると思ったんだ!そりゃ自分以外のための花嫁衣装なんて悪夢ですよ!でもその場で脱がそうとするのは予想してなかったよ!最後まで剥いちゃえばよかったよ!(え)
リヒャルトの命を助けたいために意地を張るミレーユ。でもリヒャルトのプロポーズにようやく「大好き」って言えた!泣きながらポツポツと想いを告げるミレーユに私も泣いた!やっっっと想いを確かめ合ったよーーーーーー!!!!!前回ようやく、自分の気持ちを素直に告げる決心をしたのに記憶喪失になっちゃって、あああぁぁぁどうなるのこのカップルは!!って悶えてたけど、ようやく!清家先生の言うとおりハラハラいらいらやきもきしましたさ!ありがとうありがとうありがとおおおおおおおおおお!!!!!!

「好き」よりも、「愛してる」よりも、「大好き」。この言葉がミレーユにぴったり合ってるカンジがしました。この時宇多田の「愛してるよりも 大好きの方が 君らしいんじゃない?」って歌詞が頭に流れてきました。「Fraver Of Life」大好きな曲です。

お前ら何回ちゅっちゅすんの!敵さん来るよ!


ここから宮殿内の逃走劇が始まります。
先ほども書きましたが、ここから最後の対決までの展開がスピーディで、ハラハラ緊迫感があって、でも2人のラブラブもちゃんとあって、本っっっ当に面白かったです。
そして希望。リヒャルトの「野獣」の修行時代の話は是非ともミレーユをお膝に乗せながら語ってあげなさい。

リヒャルトとロジオンの主従信頼関係が熱い!
据え膳前にして食べられなかったリヒャルトの元気ない声に笑いました(笑)その後の「しょうがない人ですね」って苦笑してミレーユの肩を抱き寄せるリヒャルトがなんかいーなーって思いました。上手く言えないけど、正面から抱きしめるラブラブ恋人抱き(笑)よりも、さりげないんだけど2人の気持ちの距離が近いのを感じるというか。お気に入りのシーンですvv

そして退路を断たれ湖へ飛び込む2人!この時ミレーユが、リヒャルトを信じて飛び込むことに何の躊躇もしなかったこと。2人の絶対的な信頼感というものに、今までのすれ違いを見てきたからこそほんと…「よかったね!」みたいな!さんざん回り道をして繋がった絆に、目頭が熱くなりました。この2人は何があっても大丈夫って思える。

この湖に飛び込むシーン、是非とも映像で見たいと思いました!絶対身代わりアニメ化くると思うの!こんなに面白いんだもん!

ゴール間近でミレーユが連れ去られたーーーー!!大聖堂に連れてかれた!どうしよう!どうしよう!と思ったらリヒャルトキターーーーーーーーーー!!!!でも敵のただ中に一人っきり!!どうしよう!どうしよう!オズワルドとの最終決戦!

とその前に少し戻って。今回ジャックの一番かっこよかったシーンが!

「貴殿らの剣はただの殺しの剣だ。本当の騎士の剣というものを見せてやろう」

ちょっジャックかっこいいぃぃいいいいいいいい!!!!!初めてジャックをかっこいいと思った瞬間だった!


大聖堂ではついにシアラン編怒涛のクライマックスシーンへ!

ここからは名場面の連続でとても全ては書ききれません。

オズワルドの兵に囲まれたリヒャルト。リヒャルトの命を助けたかったら結婚誓約書に拇印を押せと脅すオズワルド。
押したくない。でも押さなかったらリヒャルトが殺されてしまう。それならばせめて……気持ちが揺らぎそうになった時のリヒャルトの優しい声が響く。

「押さなくていい。ミレーユ、押さないでください」

「けど…あんなにたくさん矢が刺さったらあなた死んじゃうわ」

「死にませんよ。あなたを置いてどこにも行かないって約束したでしょう。これからはずっと一緒だって」


「俺を思ってくれるなら、他の誰かじゃなく俺のことを信じて」

リヒャルトが落ち着いているのは何か策があるはず。否、策がなくともリヒャルトを信じると約束した。拇印を拒否し、ナイフを置くミレーユ。

「盗人猛々しい男だ。私の花嫁と愛を誓うとは」

「違う。俺の妻になる人だ」


そしてこの後、ミレーユが啖呵を切るシーン。ここが今回の話の一番の山場だと思いました。
リヒャルトへのミレーユの想いと、大公位を奪還するための決意、努力。我々がずっと見守り続けてきた2人の恋の行方、登場人物たちの様々な思いと読者の思い、そして作者さんの思いが爆発した瞬間だと思った。


「そんな脅しは意味ないわよ。あたしはあの人と一緒なら、牢獄でも処刑台でも地獄でも、どこにでもついていくんだから!」


もう、感動だった…っ!ついにここまできたか!という思いでした。

その後は大ドンデン返しの連続。リヒャルトに弓を向けていた兵は皆リヒャルトたち王太子側の味方で、あっという間に形成は逆転。「星」も偽物だった。フレッドはどこまでも最強でした。彼は神かと思った。

追いつめられて小物っぷりを露呈した偽大公オズワルド。そしてリヒャルトとの一騎打ちに。

「シアランの名にかけて、負けることはない」

かかかかっこいい…!ミレーユに甘々な優しく丁寧な口調もいいけど、公人として振る舞う威厳あふれる顔も素敵vvまさにギャップ萌え!とか思ってたら179Pの挿絵で呼吸が止まった。


…パタン(本を閉じる)


ふーー……(深呼吸)


パラッ……(開く)


きゃぁぁああああああああああ!!めちゃくちゃかっこいいぃぃいいいいいいい!!!!
とりあえず枕に拳を5回叩きこんだ!傷だらけの騎士!包帯男子!今までにない野性味溢れる肉食系男子!萌え殺された…!どうしたのリヒャルト!最初っから最後までかっこよすぎだよ君!萌えの限界だよ!ゲンカイ越えてショウテン1000%だよ!でもまだ物語はあと3分の2残ってんだよ!すげーよ!!


リヒャルトはミレーユのことになると取り乱したり突っ走ったりするけど、でも基本的にいつでも冷静沈着で無謀なことはしないんだなって思いました。ミレーユが結婚に臨むことを知ったのは2日前だけど、それでもシアランを奪還できるように準備を整えてたし、宮殿逃走中も常に先の先を考えてたし…なんか、すごいかっこよくない?(笑)

好きな女のために体も命もはる情熱を持って、真正面から愛をぶつけて、しかし一方機転が利いて全体を把握し部下に慕われ、勝利もヒロインも自分のものにする。

…真の肉食系男子ってこういうのを言うのではないだろうか。


ミレーユもリヒャルトを信じて健気にたくましく頑張ってて本当に可愛いんだvv



いい加減感想が長すぎるので一気にエピローグまで飛びます!(笑)

オズワルドを捕縛し、シアラン宮殿を取り戻し、晴れてリヒャルトは大公になりました。あれ、結構あっさり?
ミレーユも式典に出席してほしかったけど、ベルンハルト家の双子は出ちゃいけなかったみたいですね。なんでだろう?結構待望のシーンだったから書いてほしかったんだけどな。

女バレした後の第五師団とミレーユの初対面。これも期待してたよvv女なのにイマイチまだ信じきれてないみんな節穴ですか。ラウール先輩にはぜひリヒャルトもいる場面でミレーユと再会してほしかったのですが次に期待です。

戴冠式を終えたリヒャルトがやってきました。1ヶ月ぶりの再会みたいです。
「とろけるようなお顔」の殿下をぜひ見たいんですが!そうよ~恋する女の子は可愛いのよ~vv
第五師団は大公の傍付きになったんですね。やったー♪大公夫妻のいちゃいちゃを間近で見られるなんて、なんて美味しいポジションなんだ。入隊させろ。

リヒャルトは台無しにしたファーストキスのやり直しでお花畑を作ってくれました。あんたどこまでミレーユに甘いんだぁぁああ!
その後の2人は本当にラブラブで幸せで、読んでる私が幸せでした。あなたたちは一体一冊につき何段階ラブラブ攻撃を仕掛けてくるんですか!ゴロゴロでご近所一周できそうだ!
すでに2回求婚してるのに最後のだめ押しとばかりに最高の王子様シチェーションで3回目の求婚!
1巻の再現のような花火もあり、まさに「二度目のはじまりの日」でした

でもできたらキスシーンを挿絵で見たかったな;;

催眠術を解くあの「音」が花火の音だったとは。「やられた!」ってカンジでした。

最後、リヒャルトがミレーユを抱きながら(もちろんお姫様だっこだろう)館に入っていくシーンが今回一番好きなシーンかもしれないです。第1部終了、そしてまた新しい冒険、幸せな未来がはじまるような、とても綺麗に余韻に浸れるラストだと思いました。まだ続くけどね!


フレッドの思いにも涙です彼はいつも無敵で自由人で飄々としてるけど、誰よりも周りを見てみんなのために立ち回ってるんだよね。…フ、フレッドォォオ!(涙)フランソワーズ、ここまですっかり存在を忘れてたけどフレッドといいコンビだね。
てかフレッドシアランに残るんだね!やった!ミレーユを置いて帰っちゃうのかと思ったからすごく嬉しい!

てことは花嫁修業はシアランでやるんですね。予想ではミレーユは1回アルテマリスに帰って花嫁修業するのかと思ってました。でもそうだよね。リヒャルトが離すわけないもんなぁ(笑)第五師団もまだまだ出番あるようで安心したvv
でもジークたちアルテリスの面々が見れないのはさみしいですね。剣の誓約があるから絶対1回はアルテマリスに行くだろうけど。セシリアはシアランに戻ってくるんだろうか。ジークも表に出さないけど、本当に心からリヒャルトとミレーユを案じていたし、早く2人の幸せな姿を直接見せてあげてほしいです。
…ところで最近ルーディがいないんだけどどこにいるんだろう。

そして最後の最後でまた波乱の幕開けのように、キリル登場!結構重要人物なのに出番なさすぎでうっかりすると忘れてるリヒャルトの弟公子!(笑)
フレッドは彼と面識なかったんですねぇ。読みが外れたわ。リヒャルトミレーユの結婚に反対の立場で三角関係とか起こしてくれるんでしょうか。すんなり結婚までは行かないみたいでドキドキです。ま、こういう人いないと話続かないけど(笑)ミレーユの周りほぼ全員味方ですもんね(笑)ルドヴィックくらいだ。
でも今の時点ではどう考えてもあて馬にすらなりそうにないキリル君(笑)あの2人のいちゃらぶバリア突破できるのか見物ですね。清家先生がどう動かしてくれるか楽しみです。


次回は6月1日発売「身代わり伯爵の花嫁修業」です!
表紙はドレスのミレーユがいいな~てか4ヶ月とか長すぎる待てない!この体中を駆け巡る萌えの熱をどうしたらいいの!?どうしよう!?私どうすればいい!?(落ち着けばいい)


これだけ書いてもまだ書き足りないほど、「誓約」は面白かったです!読めて幸せでした!
清家先生ありがとうございました!まだまだ物語が続いて嬉しいです!!これからもついていきます!!


スポンサーサイト
  1. 2010/02/01(月) 00:00:00|
  2. 身代わり感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<失礼しちゃう | ホーム | 「誓約」読んだ!>>

コメント

初めまして^^

こんばんは!
訪問履歴からこちらに訪れて、それ以来ずっとストーキングしている探花です。
その間に過去の記事も読ませてもらい、存分にニヤニヤさせてもらいました(^ω^)

瑞花さんもやっと『誓約』読まれましたか!
感想を読ませてもらっているこっちも動悸が激しくなりました…っ!!

リヒャルトとミレーユのいちゃいちゃぶりをこれからも愛でながら、
次の新刊を楽しみにしたいですね!
とりあえず私も4カ月も待てそうにないのでちょっと窓開けて叫んで
ベッドで萌え転がってきますね^^

誕生日も1日違いといい勝手に瑞花さんと縁を感じています^^←
少年陰陽師も大好物なのでまたお邪魔させていただきますね(^O^)

サイン会もお互い素敵な時間になるといいですね!

それでは失礼しますっ(`・ω・´)
  1. 2010/02/01(月) 19:29:19 |
  2. URL |
  3. 探花 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 初めまして^^

探花さん こんばんは!
私もついこの間から探花さんのブログをストーキングさせて頂いていました!コメントありがとうございます!すごく嬉しいです!

『誓約』…!これ以上の萌えがあるかというくらい萌えました!
こんな叫びにまかせた支離滅裂な感想を読んでくださってありがとうございます!
シアランってどこにあるんでしょうね…一緒に探しにいきませんか(笑)

次の新刊の妄想だけでローリングご近所一周できますvv本当に待ちきれませんよね!
サイン会も楽しみです!

誕生日一日違いなんですか!わーすごい偶然!こちらこそ親近感がわきます^^
私もこれからも探花さんのブログにお邪魔させていただきますね!ありがとうございました!
  1. 2010/02/02(火) 20:28:32 |
  2. URL |
  3. 川瀬瑞花 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mizukafavorite.blog84.fc2.com/tb.php/35-a0f29b95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。